機関紙17号を発行しました!

 

 当機構の機関紙「COSSS report」の第17号が完成しました!

 

 今号は「都市から中越への人の流れを作る「にいがたイナカレッジ」事業のこれまでとこれから」と題して、当機構が取り組み、5年目を迎えた都市部から山間部集落へのインターンシップ事業の成果と展望を紹介しています。

 

 震災当時、中学生だったスタッフが聞き手に、小学生だったスタッフが話し手となり、当時の生活や仕事について語り合いました。

 

 シリーズ「防災教育の現場から」では、長岡市立東中学校3年生を取り上げました。総合的な学習の時間「郷土長岡の人々を考える」の「防災コース」を選択した生徒への学習内容に関し、年間を通して当機構の地域防災力センターがコーディネートに携わりました。

 

 「中学生がなぜ防災を学ぶのか」というガイダンスに始まり、昭和保育園との合同避難訓練、きおくみらいの見学、AED・応急処置研修、パッククッキング講習、中学生当時に被災した方からの講話などなど盛りだくさんの内容を経験した生徒に対し、ふりかえりのワークショップも行いました。

 

年間を通して「防災」を題材に「生き方」を考えた生徒の反応は…。ぜひご一読ください。